ヨーカン長屋の日記

日暮れにたどる小野家の食卓

月別アーカイブ: 11月 2011

篭城

お昼にさっちゃんが遊びに来た。半日家でゆっくりできて良かった。鼓介のお迎えも一緒に行った。みんなでケーキを食べてから神経衰弱をした。次は泊まっていってもらおう。

夕方、兄弟喧嘩と鼓介の口答えが頭にきて料理を放り出し、寝室に篭城してやった。オイオイと泣いてすがってくる鼓介に気分を逆撫でられ、頑に部屋から出ない。新聞とレシピ本を読み心を鎮静。ようやくドアを開けてやる。和解の瞬間から新太の名演技。夕飯の時間も大きな声で「これおいしいなあ」を繰り返す。お昼も全く同じもの食べたのに。

夜スポンジケーキを焼いた。わたしは卵湯煎派。シャロンの家の古いオーブンに比べたらずっと楽になった。ボウルに残った生地をカップケーキの型で焼いて明日こどもにあげようと思ったけど食べてしまった。

昼食

ごぼうの炊き込みご飯、梅干しととろろ昆布のすまし汁、芽キャベツのガーリックソテー

夕食

ごぼうの炊き込みご飯、スイートポテトのキャラウェイロースト

月曜日

月曜日。

今週はさっちゃんが火曜に遊びに来て、水曜が夫の誕生日。日本行きまで2週間を切り忙しくなりそう。鼓介はクリスマスカード書きを始めた。

朝、えみこさんの家でどんぐりクラブのクリスマス会の準備。プレゼントのラッピングと折り紙のサンタを折る。幼稚園の後に車で買い物に行く。夕方マックスが遊びに来て特大ハンバーガーをひとり2個づつ食べる。バンはバゲットなのでお腹にぎっしり詰まったはず。残った合い挽き肉はワインとトマトで煮込んで冷蔵庫へ。

朝食

トースト(ママレード、いちごジャム)、カリフラワーのミルクスープ、ヨーグルト

昼食

バゲット

夕食

自家製バーガー、スティックベジタブル(こども)

ハンバーグ、りんごとセルリアックのバター炒め、人参スープ(おとな)

チームメイト

お好み焼きオフの日曜日。

鼓介の試合を観に行く。1勝1敗、緊迫した攻防が続く良いマッチだった。9月からリーグ戦を始めて勝率6割5分くらい。個性豊かなこのチームでプレーするのはとても楽しいだろうと思う。

キャプテンはタフガイ、コロイ。無尽の集中力とスタミナで獅子奮迅する。彼のロングシュートはDulwich Hamletの名物だ。ストライカーはキャス。学校のクラスメイトでもある。やたらとハイポジションで腕を振りながら股関節をいっぱいに広げて走る姿は三段跳びのよう。走っていない時は半開きの上体が後ろか横に傾いて要するにいつも変な姿勢なのだが、何かがすごい、俊足と執念の得点王。鼓介はポジショニングとパスが上手で頼りにされるプレーヤー。今日は先週から加わった左利きのアライジャが2試合目にして初得点。そういうことを人一倍嬉しがるのも鼓介である。監督ルウは地元高校出身の兄貴。こども達はその入れ墨の両腕にぶら下がらんばかりに懐いており、アシスタントのルイスは地味面白い。ハーフタイムに彼がみかんを配る場面がわたしは好きだ。

爽やかな試合の後にキャスと公園に行ってもうひとサッカー。キャスが全然パスをせず、シュートを打たせてもらえないと鼓介が大泣きして午後の空気台無し。献身プレーの反動か。ゴール前でパスなんかするわけないキャスは数ヶ月だったら呆れてプイと離れていってしまったところだが、今日は鼓介の機嫌が直るようにしかたなく付き合ってくれる。友情のゆくえを想うOne Tree Hillの夕空に、赤子の爪のような薄い月。

昼食

クリームチーズとスモークサーモンのサンドイッチ、じゃがいものローズマリーソテー

夕食

すし太郎 錦糸卵と鯖の薫製乗せ、春菊のおひたし、大根の味噌汁

クリスマスフェア

Fairlawn School のお祭。まだ11月だけどクリスマスフェア。

寿司10合を協賛。海老マヨ、ツナマヨ、サーモン&アボカドの太巻き3種を2切れ£1(120円)で販売。12時スタートから1時間でsold outとなり晴れやかに祭へ繰り出して残り2時間回遊する。お祭りは参加する方が楽しい。マックス&ルビーのお父さんのクリスマス写真館で鼓介、新太サンタの帽子をかぶって兄弟撮影。日本へのおみやげに。最後に地域の合唱隊が聖歌を歌う。歌詞も配られて大好きな飼い葉桶のイエスさま(Away in a Manger)をすし酢の匂いぷんぷんさせながら大きな声で一緒に歌う。

朝食

パンケーキ

昼食

鮭おにぎり

夕食

スパゲティ・カルボナーラ、からし菜のサラダ

出会って4年

午前中TKmaxにお土産ショッピング。新太を迎えに行った後ラッピング。今日も自転車に乗って帰る途中から3時まで新太は熟睡。ここまで素顔に帽子眼鏡で、午後2時過ぎてからシャワー、着替え、化粧、鼓介お迎え。

夜、アレックスの7歳誕生日を祝いに行く。プレゼントはハリーポッターのレゴ。2歳半で知り合った時アレックスと鼓介には多くの共通点があったのだが今は文化系VSスポーツ系で全く別の小学生ライフ。でも高校くらいで同じ何かに夢中になってそうな気もする。楽しみだ。

9時に帰って明日のクリスマスフェアの寿司の用意をする。すし酢を煮立てて炊飯器のタイマーをセットして寝る。

朝食

トースト(クリームチーズ、はちみつ)、温野菜、ヨーグルト、ブルーベリー

昼食

ホワイトチョコ(わたし)

ハム、カリフラワー、からし菜のサンドイッチ(夫)

おやつ

ハムサンド(こども)

夕食

ピザ(わたし、こども ジェイムス作ジェイミー・オリバーの生地)、チョコレートケーキ

野菜炒め蕎麦(夫)

大いなる眠り

昨日学校のお迎えの3時半から今朝5時まで眠っていた新太。早朝一番「お腹空いたー」それしかないであろう起き抜けの発声。鼓介に「下に行って新太にはちみつトーストを作ってくれ」と乞う。はちみつ好きなだけ舐めてよし、の交換条件で取引成立、階段を降りて行く長男の後ろ姿に手を合わせて二度寝に戻る。

East Dulwichのスポーツセンターまで今日は自転車でスイミングしに行く。プールから上がったら携帯に夫から立川談志逝去のメール。

先日、里帰りお楽しみ企画でよみうりホール「市馬、昇太、喬太郎」のチケットを取った。使えないチケットぴあの購入システム、心もとない高田文夫事務所の対応など色々あったのだが、今頃は無事に実家に届いているだろうか。

泳いでいる間にもう一件留守電、北ロンドンに在住の女性から「e-bayからあなた宛のラグ(全長180㎝)が間違って配達されてきて困っています」と。わたしがオーダーしたものに間違いない。すぐに連絡して両方からクレームのメールを出すことに。彼女のメールをc.c.してもらうがその文面。これが英国式クレーマーズ・マナーなのね。コピーして使おう。

お昼、幼稚園から帰る途中で新太が眠りに落ちる。今日も12時から4時までお昼寝、起床後むしゃむしゃとバナナを召し上がる。今からルーカスの家に鼓介を迎えに行く。

朝食

トースト、もやしの味噌汁、ヨーグルト

昼食

ワンタン(わたし)バナナ(新太)

夕食

ローストチキン、温野菜(こども ルーカスの家で)

鶏ご飯、大根の煮付け、野菜の卵とじ汁(おとな)

パンケーキ2

火曜日は幼稚園でガーデニング。園児と雑草を抜いてにんにくとそらまめを植える。にんにくは丸ごと土に埋めるだけ。

今日もおやつにパンケーキ。

学校の帰りに新太が自転車の上で眠ってしまったので鼓介にお金を渡して卵を買いに店の中に行ってもらう。嬉しそうな顔で卵を抱えて戻ってきた。パンケーキも鼓介に焼かせてみる。上手にきつね色をつけてひっくり返しお皿に乗せてくれる。いつかサッカーを辞めたらシェフになるという台詞でわたしを感動させた今年の鼓介、かっこいい。パンケーキを焼くとせっかちの矯正にも良いかもしれない。夫は胃腸が優れず在宅勤務。わたしも何だか風邪をもらった気がして夜9時にベッドに入った。隣で夫が落合のYou Tubeを観ている。

朝食

トースト(クリームチーズとはちみつ、ママレード)、海藻と野菜のスープ、ヨーグルト

昼食

おかゆ、梅干し(夫)

ハムチーズサンドイッチ(わたし、新太)

夕食

しめじの和風スパゲティ、じゃがいもともやしの味噌汁

パンケーキ

夫が風邪の治りかけ。「今日は休む」の一言にヤッターと思う。平日に家にいてくれると楽しく家事もひとりの時よりてきぱき進む。

風邪のなごりで胃腸の調子が悪いと言うのでお昼に温かい蕎麦を作る。ちょうどロビンさんの日本野菜が来たばかりでごぼうや大根があったので入れた。久しぶりに味わう根菜の滋味は胃に沁みる。日中は温かいのだが3時半の鼓介お迎えの頃には一気に温度が下がる。外に出るとジーンズの繊維を通して無数の穴から冷たい空気が肌を触る。

遊びに来るはずのマックスが剥がれた爪の診察予約が入って行ってしまった。鼓介は家に帰るなり算数の宿題を始める。時計の読み方。算数の宿題は2週間に1回。スペリングが週に10問。読書感想が週に1冊。最近は宿題の神が宿っていてどんどんやってくれる。暇なあらたが邪魔を始めたので一緒にパンケーキを作ろうと言って引き離す。いつもは見え透いた手に乗らない新太も卵割っていいよ、の誘いだけは絶対に断らない。大張り切りで卵、砂糖、小麦粉、牛乳を混ぜるお仕事顔の新太にここから先はお母さんがと説得、怒髪天で台所を去る毎度のこと。あとはひとり二枚’づつ、焼くのもバター塗るのも切り分けるのもわたしで残りの人は数秒で食べるだけ。自分用の最後の一枚を焼く時にはお母さんのだから欲しがらないように!と言ってやった。

朝食

バゲット(ママレード)、肉団子スープ

昼食

ごぼうおろし蕎麦、焼きおにぎり

おやつ

パンケーキ

夕食

炒飯、わかめスープ、青菜のにんにく蒸し

オコノミヤキちょっぷすてぃっくす

霧の朝。

お好み焼きマーケットに出勤。

先週途中でフォークの在庫が尽きて割り箸だけになってしまった。行列が絶えないにも関わらず誰ひとりフォークをくださいと言わない。オコノミヤキを美しく発音する人が毎週増えている。寒さが本格的になってきた。ズボン下のヒートテックが出番です。

朝食

バゲット(ママレード)

昼食

パスタ・トマトソース(夫・こども)

お好み焼き、たこ焼き、唐揚げ(わたし)

夕食

豆腐・肉団子とひらひら大根の味噌鍋、ご飯(夫)

パッタイ(わたし)

すし太郎

土曜日。

午前中鼓介は夫とサッカーに、新太はわたしとプールで泳ぐ。新太は心の底から喜んでくれるので少々寒くても笑顔見たさに行ってしまう。

この週末限定でHilly Fields Parkにスケートリンクができると聞いてお昼ご飯の後ボーイズが出かけて行く。現地で友達家族と待ち合わせて夕方みんなでうちに帰って来る。日本からもらったすし太郎を初めて使ってちらし寿司を作るが、もうこれなしで作れないほど簡単でびっくりした。上に茹でいんげん、錦糸卵、海老を乗せただけ。みかこさんの手作り豆腐で揚げ出しを作って味付け卵を入れる。味卵はロンドンの友達に大人気。

先にこどもにピザとおにぎりを食べさせてさあ大人の番という時にマックスが双子のルビーにドアで指を挟まれるアクシデント。爪が剥がれてあえなく早期撤収となり慌ててちらし寿司をタッパーに入れて送り出す。

仕切り直してご飯を食べ始め、飲み、喋って晩秋の夜は更ける、と思ったらたったの6時?イギリスの冬の暗さに笑う。マリオンのお土産のケーキは直径24㎝くらいあったのに6人のこどもたちがもう一切れ、もう一切れと戻ってきてあっという間に残り4分の1以下。急いで大人5人で切り分ける。ドイツ人のマリオンに日本ではコンビニでもバームクーヘンを売っているよと教えてあげた。

8時近くにマリオンがルーカスとエスミを連れて帰り、残ったアネリーズ一家と更に飲む。長男のタイコと鼓介も昔はよく遊んだが今は次男のディランと新太の気がすごく合っていて、幼稚園でいつも一緒。3歳児が幸せだととても平和。静かすぎて水泳の疲れが海ぼうずのように押し上げてきたころ、帰り支度となり「また月曜にね」と送り出した15分後に電話。車が動かないとのこと。ロードサービスを呼ぶ間、三男とアネリーズがうちで待機。残りの二人は乗った瞬間寝てしまったのでジェロが車に残る。毛布を運んでお茶を入れる。2時間後に修理の人がきても結局直らずタクシーを呼んで帰っていった。今夜無傷だったのはマリオン一家のみ。無事家に着いて眠っていることを祈る。

昼食

ベーコントマトパスタ

夕食

ピザ、すし飯おにぎり、ケーキ(こども)

ちらし寿司、揚げ出しと卵のおでん、からし菜と大根のサラダ、ケーキ(おとな)

チューリップほくほく

学校ではいじめ撲滅週間の最終日。こども達はみんなで遊べるおもちゃを持ってテーマカラーの青にちなんだ服で登校。鼓介はオセロと大相撲トランプを持って行く。

さて、待っていました小春日和。今日という今日こそ球根植える。

たまごを茹でながら庭仕事に着手する。

庭の奥にアリウムを植える。出入り口付近のトマトを片付け、ハーブを寄せ、スペースに水仙とムスカリを仕込む。どこに植えたか一瞬で忘れる。リスの嗅覚があれば。ゆで卵のタイマーが鳴り、キッチンに戻って殻をむく。家の電話が鳴るが手が止まらないので放っておく。卵を醤油、昆布、みりんに漬け込んだところで幼稚園お迎え。

幼稚園の帰りにガーデンセンターで網と子供用のガーデン手袋を買う。庭仕事の続きに向かって自転車を急ぎ漕ぐ。新太は寝てしまったのでそのままソファーに置いておく。午後は水仙、ムスカリの続きとチューリプ。リスの好物チューリップはふっくら艶やかでおいしそう。木箱にチューリップを植え、リスよけの網をかぶせてしっかり固定した。これで2011年のガーデニングは終了。日本行きの支度がひとつ片付いた。

朝食

トースト(いちごジャム、ママレード、はちみつ)、温野菜、ヨーグルト

昼食

バターバゲット、バターナッツスクウォッシュとりんごのポタージュ

夕食

ナスのトマト煮込み、クスクス、十五穀米おにぎり(こども)

お茶漬け、ナスのトマト煮込み、洋梨(わたし)

りんごのポーク・チョップ

朝食

トースト(いちごジャム、ママレード、はちみつ)、ミューズリ、ヨーグルト

昼食

ツナサンド(わたし)

パスタ・ボロネーゼ、じゃがいもとインゲンのソテー、レーズン(あらた)

おにぎり3個(アミの佃煮、青菜、うめぼし)

夕食

ナスとひよこ豆のトマト煮込み、クスクス(こども)

りんごとポークチョップのオーブングリル、クスクス(わたし)

耐熱皿にバターを塗ってりんご小5個スライスして並べる。レーズンをまぶす。特大ポークチョップ3個どんと乗せて、酢・レモン汁・砂糖少々と水を混ぜてかける。ローズマリーを乗せてオーブンで肉が焼けるまで入れっぱなし。簡単で最高においしい。

ボロネーゼ・ボロネーゼ

新太を幼稚園に送った後バスでEast Dulwichのプールに行く。

バス停で、キャスのベビーシッターのイヴァに会って同じバスに乗る。もしもシリーズ、ベビーシッターがブリトニー・スピアーズだったら?が現実になっちゃったような人だ。校庭でもぴか一輝いているが近くで見ても顔のパーツ全部がかわいい。

プールで30分泳ぐ。背泳ぎで体の裏の筋肉を使う。ねじれの動きが気持ちいい。

幼稚園にお迎えに戻り、ケイトの家でお昼にスパゲティ・ボロネーゼをごちそうになる。今日はたまたま夕食もボロネーゼに決めていた。こどもに人気のボロネーゼは立て続けに食べることになる可能性が高いメニュー。夕食はルーカスが5分で完食、鼓介は4回、新太が2回お代わりをした。

昼食

スパゲティ・ボロネーゼ

夕食

パスタ・ボロネーゼ

じゃがいもといんげんのバターソテー(おとな)

あかしろきいろ

午前中は新太の幼稚園でガーデニング。こどもが球根を鉢に植えるのを手伝う。

その後、近くのガーデンセンターに家の庭に植える球根を買いに行く。黄色の小振りな水仙と淡黄のナルキッソス、赤くて外側に開く形のチューリップ。ムスカリ。アリウム。ヒヤシンス。合わせて£20(2,500円)球根141個。前回の春はチューリップをほとんどリスに掘り出されて花を見られなかった。今年は網で覆う作戦で行こうか。水仙は食べないのだという。なるほどチューリップはまるまると脂が多くておいしそう。

午後は幼稚園の第二子ママ達と室内プレイスペースに行く。エキセントリック少女エスミと子リスのようなフロウ、眺めているだけで目が濯われる。女の子はみんなお花だ。女の子達と別れてから鼓介のお迎えまで少しPeckham Ryeの公園に寄る。毎年おなじみの冷気に触れる。さあまた冬がくるぞ。新太は満身の笑顔。補助輪自転車をこぐ背中に大きくなったねとハグ。

昼食 ハムサンドイッチ

夕食 パースニップとりんごのカリカリベーコン炒め、半熟卵、パン

りんごと冬野菜

朝、ふとんの中で温かいものが食べたくなった。

朝食にロマネスコ・カリフラワーを焼く。宅配野菜BOXで知って得した小野家のベジ・オブ・ザ・イヤーである。芸術的クリスマスツリー型のシルエットはゴルティエのよう。テーブルに登場するたびこどもが「おお〜」と喜ぶ。味はヒラのカリフラワーより濃く深く女王の格があり何となくケイト・ブランシェットを思い出す野菜だ。一昔前ならマドンナ。

新太を幼稚園に送って静かな家で再びオーブンに熱を入れる。バターナッツスクウォッシュ、パースニップ、りんごで今週のおかずをつくる。バターナッツスクウォッシュはかぼちゃとほぼ同じだが水分が多い。パースニップは香味とホロ味のある白い根菜。昨日お風呂で読んだAbel&Coleのりんごと冬野菜のレシピがどれもおいしそうだったので食べたい一心で3日分くらいの下ごしらえとなってしまう。クリスマスキャロルのCDをかける。温かいりんごは冬の幸せな家のにおい。

朝食

トースト、苺ジャム、fortnum&Masonのママレード、ロマネスコ・カリフラワーのチーズグリル

昼食

焼きおにぎり、青菜とじゃがいもの味噌汁

夕食

バターナッツスクウォッシュとりんごのスープ、野菜のソーセージ炒め、ご飯(こども)

鶏とバターナッツスクウォッシュのグリル、ビーツとロケットのサラダ、ご飯(おとな)

ガールズツアー

アメリカから夫の友人が来ている。有名な技術者らしい。会議出席が目的の訪英というので、奥さんのロンドン観光のお供をすることにした。IT妻の女子会は10時にLondon Bridge集合。リクエストは「アフタヌーンティ」「洋裁好きのお母さんに生地を」の二点。

10:00 London Bridge

11:00 Westminster寺院とBig Ben

11:30 Baker Street – Marylebone Highstreet

12:30 昼食

2:00  Liberty

4:30  Fortnum&Mason

まずはLondon BridgeからボートでWestminsterまで移動。IT妻あさみちゃんはさっそくi-phoneで撮影開始。名所や古い建物が大好きだそうで案内の張り合いを感じる。 Big Benを見て地下鉄でBaker Streetに行くと突如あさみちゃん推理小説ファン発言。シャーロック・ホームズの駅を嬉しそうに撮影。Marylebone Highstreetのインテリア雑貨、こども服など寄って、午前中のハイライトである大きな手芸屋さんへ。あさみちゃんの存在を忘れてレース、りぼん、コサージュなどに熱中。日本への里帰りも近づいているので、みんなの顔が浮かんでしかたがない。長い時間をかけて色々選んだが、自分もどれかひとつ欲しい、いや、やっぱり全部欲しい、でも全部あげたい!と逆巻く気持ちにザワザワしながら店を出る。お昼はわたしが魚好き、あさみちゃんが揚げ物好きということでFishworksというシーフードレストランに入る。生ガキ・海老のスープ・ハーブとフェンネルのサラダ・フィッシュ&チップス。ワイン1杯飲んでひとり£20(2,500円)。フィッシュアンドチップスは衣が軽く、量も半分ずつでちょうど良い。海老スープはしょっぱい。

食後は生地を求めてLibertyへ。テューダー様式の建物にふたりで「ハウステンボスみたい〜」と興奮。こうして女子と来るとリバティはやっぱり最高にかわいい。環と優にリパティプリントワッペンを購入。あさみちゃんも目的を果たし、晴れてFortnum&Mason へ移動する。

Fortnum&Masonでアフタヌーンティまで1時間お土産ショッピング。バラのジャムが人気だと聞いたので妖精のジャムだと言って環にあげよう。賛美歌オルゴール付きのクリスマスのビスケット缶を鼓介と新太と日本の友達に。家に帰ったらクリスマスキャロルのCDを出そう。弾みでリースも購入。£20(2,500円)。ドライオレンジとスパイスの定番。本当は大きなツリーの飾りなのだと思う。ロンドンに来た年の冬から引き延ばし続けたものを買ったのだ。買い物は勢いだ。

予約時間になり人生初のアフタヌーンティへ向かう。最上階のレストランは窓が小さく食べ物の色を引き立てない照明、中高年趣味のインテリア、ノンアイロン素材の制服、どれをとってもデパートの食堂。素敵ではないが懐かしくてよい。お母さんに連れて来てもらったなあ。さてあさみちゃんお待ちかね、スコーン、ケーキ、サンドイッチの3段トレイでアフタヌーンティ登場。すごい量だが9割完食。意外な感動は紅茶のほう。リサーチを仕事にしている友達からおすすめされたダージリンファーストフラッシュ、これは台湾で飲んだ東方美人の味がする!最近夫と紅茶、日本茶に飽きたから美味しい中国茶が飲みたいと話していたのだ。海を越えてつながっているお茶の味に感動。それにしてもひとり£40(5,000円)、セミナーの価格。

最後はバスに乗ってロンドン塔まで行き、夜のタワーブリッジを渡ってLondon BridgeのHiltonまであさみちゃんを送って別れた。久しぶりに女子パワーを使った楽しい一日。クリスマスと日本行きのスイッチも入った。いよいよだ。Libertyで諦めた£130のピンク×グレーのボーダーのウールマフラーのことを考えながら電車に乗ってHonor Oak Parkの家路についた。

on the beach

とつぜん新太が歩けなくなってしまった。寝起きから間もなく「足が痛い」と言って移動はケンケンとハイハイ。早朝で誰も現場を見ておらず、ちょっと泣き声が聞こえても誰も起きてあげず。「どうしたの?」と何回聞いても返事は「…beach」海の夢でおねしょでなくねんざを??

とにかく腫れているので辞書で打撲と捻挫を調べ、大きな病院に連れて行く。あまり重傷ではないから試しにいつもと違う所にしてみようと思ってLewisham Hospital。産科の評判はKings Hospitalの圧勝だったけれど、今回でLewishamの救急の方が清潔で好感と知った。診察、レントゲン、小児科と回されて2時間。骨に異常なしで安堵。病院に行く途中、車のブレーキランプの球が両方切れていることに気がついた。怪我の巧妙、ありがとう新太。

結局夕方日本語クラブで遊んでいる間にそろりそろりと再び歩き始めて、帰る頃にはスクーターに乗る。痛い方を軸足に得意の高足走行でいつもの新太になっていた。夜寝るとき、今日はビーチにいっちゃだめだよと言っておいた。

昼食 せんべい(わたし)青菜おにぎり(あらた)

夕食 タラコスパゲティ、羊羹

グレイソン・ペリー

夫が休みを取ったので大英博物館グレイソン・ペリー展を観に行った。

朝は家族全員で出発。学校、幼稚園とこどもを送って駅の近くでコーヒーを飲んでから電車に乗る。平日の子なしロンドン観光は楽しいの一言。こんな良い街だったっけ!わたしの夢はタイムトラベル。今日は100年前から来た気持ちだ。

時間が惜しいのでお昼は大英博物館の近くの手軽な韓国食堂で。石焼ビビンパは石鹸の味がしたが昨日まで『日本三文オペラ』を読んでいたためこれも十分ありがたく思えた。夫のチゲは貝が臭いと。しかし胃など袋に過ぎぬということで、共にこだわらず店を出た。後でミュージアムスタッフに「韓国の方ですか?」声をかけられる。

グレイソン・ペリー展。

大英博物館の収蔵品から選んだ品々と彼のオリジナル作品を合わせたインナーワールド再現エキシビション。大英博物館にさまよう魂、ペリーに呼ばれて大集合。土偶、神棚、民族衣装などがどんどん吸収消化されて新しい姿となっている。収蔵品以外でインスパイアされた物のひとつにハローキティ四国限定お遍路さんタオルチーフ。若い女性のバッグに巡礼者が宿っている、イコール、生きているアート!ということらしい。日本の人間国宝という制度にも関心を寄せている。オリジナル作品は21世紀的リリックで覆われた壷にはじまり、最後は博物館の魂たちとペリー自身を葬る大作  “名もなきクラフトマンの方舟”で自己完結。観る方もスッキリ。図録を買ってまたじっくり見たかったが£25(3,000円超え)のため断念。全作品通して登場するペリーの半身、テディベアの名がAlan Measle。Measleは三種混合予防接種(英名MMR)でおなじみの麻疹。

昼食

石焼ビビンパ(わたし)チゲ定食(夫)

夕食

ピーマンの肉詰め、マッシュルームソテー、佃煮、豆腐の生姜汁

まぐろの刺身を

午前中にEast Dulwichのスポーツセンターに泳ぎに行く。通り道の郵便局で日本宛の手紙二通投函。新しいゴーグルを着用。20mプールを自由形、平泳ぎ、背泳の順で各10分ずつ泳ぐ。レーンで泳いでいるのは私を入れて4人で、私以外はゴーグルなしキャップなしで顔出し平泳ぎのおばあさん。コースロープで区切った向こうではベビースイミングのクラスを行っている。母子集団の中におじいさんと孫の組み合わせが一組みえる。

軽くなった体でLardship Laneの魚屋に向かう。地元スーパーの鮭、鮭、鱈、鱈に飽きたらここ。まぐろの刺身とタラコと、一回量がパウチパックになったイカスミを購入、全部で約£10(1,300円)。タラコはイングリッシュソーセージ3本サイズで£5(650円)。鱈をあれだけ消費するのだからタラコだって安いのだ。迷わず購入。粒の食感はぼんやりしているが、十分美味しい。昼はそのまま、夜は焼きタラコにした。イクラ、筋子はタラコの半分の量で倍の値段する。

幼稚園のお迎えのあと友達の家で遊ばせてもらう。夕方ルーカスの家に鼓介を迎えに行く。クリスマス会の劇の配役が決まり、鼓介はロバ、ルーカスは羊飼いになったそうだ。

昼食 タラコご飯、魚のクリームソース、根菜のカルダモンロースト

夕食

ルーカスの家にてイングリッシュソーセージ、ローストポテト、ブロッコリー(こども)

まぐろの刺身、焼きタラコ、春菊のサラダ、じゃがいもの千切りバター炒め、ナスと玉ねぎの味噌汁(おとな)

歓びの歌

週一で新しいことをしようと思い、火曜は新太の幼稚園でガーデニングのボランティア。わたしと選ばれた園児3人で水仙、ヒヤシンスを植える静かな作業。

午後、用事があってOld Kent RoadのASDAへ行く。普段の買い物には遠いが、噂に違わぬその安さに驚く。大手スーパーで最安£7.49のNINJAGOが£5.00!プレイモビルの大型海賊船が半額の£25!興奮を抑えて牛乳と豆乳のみ買って店を出るまでドキドキした。

幼稚園の後エスミと遊んでいた新太を引き取りにHorniman Museumへ。マリオンとお茶を飲んで家に帰る。潤子ちゃんから出産の知らせ!!夕方帰宅したコスケにも早速知らせるとお祝いの手紙を書きたいのでその前に潤子ちゃんの顔を写真で見たいと言う。うちにある写真はさわや歌ばかりだ。さわや歌の誕生日に産まれてきた赤ちゃん。宇宙が祝福している。

昼食 ホット・クロス・バンズ(わたし)

夕食 ごまのおにぎり、春菊の味噌汁(こども)フィッシュパイ、ビーツサラダ、春菊の味噌汁(おとな)

ごまガエル

朝、潤子ちゃんから陣痛開始のメール。親友が分娩台の上だと思うと一日落ち着かない。

幼稚園に新太を送ってから最近知り合った日本人ママの家でお茶をいただく。洗濯を干しに戻り幼稚園お迎えに引き返す。そのままHorniman Museumの水族館に行く。一番好きなのはカエルの水槽。岩肌や木の上でじっとしているのが常態で、一、二歩動いていたらラッキーなのだが今日は一匹のガマガエルがぐいっと平泳ぎで水槽の壁面までやってきてお腹をぴったりつけて静止。細かいイボにびっしり覆われた体に胡麻のおはぎを思い出す。中はあんこだったりしないかな。英語でガマガエルはfrogではなくtoad。がま君とかえる君は別物らしい。

鼓介帰宅。最近気に入っている世界の有名建築写真集を出して町の絵を描いている。ピラミッドとロンドン塔の隣にパン屋を描く。クロワッサンを売っている。その向かいがお菓子屋。解説を読みロンドン塔の高さはエッフェル塔の10分の一だと知り何が面白いのか大笑い。その正体は牢獄だとは今は言わないでおく。

夫が夜サッカーをしに行っている間に開高健を読みながらうたた寝。ホルモン焼の場面が多いせいで肉の匂いのする夢を見ているのかなと思ったらパブから帰った夫がラムを焼いていた。睡魔と食欲で迷った末に降りて行って食べた。

夕食 お好み焼き、蕪とパースニップのロースト(こども)ラム肉の唐辛子グリル、蕪とパースニップのロースト(おとな)

ガイ・ホークス・ナイト

9時起床。夫と鼓介・新太はすでにサッカーに出かけている。コーヒーを温めてバターパンを食べる。窓を開け、家中を歩きながら床の上のものを拾い元の場所に片付ける。近所の店に卵を買いに行く。

12時、鼓介達キャスを連れて帰宅。トマトパスタをみんなで食べる。

フレンドシップ・ケーキを焼く。10日間寝かせたタネに卵、砂糖、小麦、サラダ油をを混ぜてオーブンへ。りんごとくるみを混ぜた。いつものスポンジケーキと違う酸っぱ甘い匂い。

2時、新太の友達の誕生パーティへEast Dulwichへ。鼓介も呼んでくれたのでふたりを残して夫と近くのパブへ一杯飲みに行く。ケーキカットの時間に戻ってお茶をいただく。

6時、ガイ・ホークスナイトの花火を見にCrystal Palaceへ。駅でマックス&ルビー、ルーカス、キャスと待ち合わせて電車に乗る。花火会場は移動式遊園地が来ている。一昨年は幻想的だと思ったのだが、今年は爆音、光線、速度全てがバキバキで30代後半ローキーな我々すっかり置いてきぼり。みんなで乗ったUFOの回転スピードは殺人的で体が痛かった。降りたらちょうど、ひとつふたつと花火が上がり始めた。こちらは2、30年は向上していないと思われる素朴さでほっとする。第一部だけを見て8時過ぎに皆で会場を出る。第二部は大人の花火の時間らしい。ほとんどの人は残るのでCrystal Palace駅は静かだ。駅舎は古い聖堂のようで美しい。花火の余韻で浮かれるこどもの声が天井に吸い込まれる。人気のないプラットフォームとこの興奮が面白くなったのであろうマリオンとダイアナが明日日曜はBrickLaneにわたしのお好み焼きを食べに行こうと話している。

9時前に家に着く。鼓介は遊び疲れて意識を失いながらも律儀に着替えと歯磨き。新太はすでにバギーで入眠。軽くご飯、昼間焼いたケーキを食べる。

昼食

トマトのアンチョビパスタ

夕食

サンドイッチ、チップス(こども)

お茶づけ、豆腐とからし菜のサラダ(おとな)

フレンドシップ・ケーキ

フレンドシップ・ケーキ

ドイツの伝統「フレンドシップ・ケーキ」プロジェクトが終了。

10日前にマリオンからケーキのタネ生地をもらった。
10日間は常温で発酵させながら保存する。
毎日よくかき混ぜる。
4日目と9日目に小麦粉、砂糖、牛乳をそれぞれカップ1入れ、よく混ぜる。泡が出て生地が盛り上がるが、かき混ぜるとシューとしぼむ。
10日目に生地を4等分して3人の友達に分け、残った生地でケーキを焼く。

アネリーズと日本人のお母さんふたりに配った。
明日りんごを入れて焼いてみよう。
うまくできたらガイ・ホークス・ナイトの打ち上げ花火に持って行こう。

昼食 ハムチーズサンド、チリコンカン(こども)レトルトカレー、切り干し大根の煮物(おとな)

夕食
誕生会にてサンドイッチ、ソーセージロール(こども)
親子丼、ビーツのバルサミコ和え、からし菜の和風サラダ、きゃべつの味噌汁(おとな)

はじめます

ブログ始めます。