ヨーカン長屋の日記

日暮れにたどる小野家の食卓

バーンズナイト

1月25日スコットランドの伝統のバーンズナイト。『蛍の光』の詩人ロバート・バーンズの誕生日をウィスキーとハギス(羊の腸に麦とスパイスを詰めた料理)で祝う日。

今日はアネリーズの家に招かれてハギスを食べた。お土産にしようと思った海苔巻きは鼓介と友達に食べ尽くされ、手ぶらでタータンチェックのスカートで行った。スコットランドの人は家ごとにタータンのパターンを持っているらしい。

わが家ではダイニングルームにイギリスの地図を掛けている。スコットランドは広い。面積は島の3分の1を占め、広いな感は東北地図の岩手県の印象をスケールアップした感じ。一昨年スコットランド南西部を訪れた時、荒涼とした広い広い草地に心の景色を見てしまった気がした。自分が裏返しになったような。日本や世界の各国で美しい景色は数多く見たがあんなサイケ体験はなかった。

家に帰ると夫はまっすぐ二階に上がってベッドイン。こどもを寝かせたあと急に喉が渇いて洋梨を2つとりんごを1つ食べた。

昼食 じゃことオクラの蕎麦、おにぎり

夕食 スモークサーモン、海老マヨ海苔巻き(こども)ハギス、ローストポテト&パースニップ(おとな)

広告

バーンズナイト」への2件のフィードバック

  1. yumiko hirao 2012年1月26日 1:18 pm

    おーそのスコットランドの景色、なんか気になる~。その扉、私の内側にチラチラ見えてるわ、実際みたいな~!
    バーンズナイト面白いね、どれくらい前の人なん?

  2. kazuebi 2012年1月26日 2:28 pm

    18世紀末だよ。面白いでしょう。地球上にはあちらの世界への入り口があると確信。名付けて村上春樹体験。夢のタイムトラベルも遠くないかも〜

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。