ヨーカン長屋から

日暮れにたどる小野家の食卓

ミュージックルーム

先月スクールママの誘いでブックグループに入ってみた。今年の英語上達プロジェクトだ。

ブックグループでは同じ本を一定期間で読んで意見交換をする。欧米では社交の場として人気のスタイルらしい。

第一回目の課題図書は英国小説『The Music Room』。古城に暮らす家族。重度の癲癇持ちの兄と末っ子である主人公。話は面白いのだが、美しい文章が綴る情景描写と兄の事件の割合が3:1で三島由紀夫がサラサラになったような難読書である。全200ページの残りが80ページで来週木曜ミーティング。この土曜の晩に夫が飲みに出かけ、こどもが寝静まり絶好の読書タイム到来だが、何とも勢いのいる本なのでまずレモンケーキなど焼き、すらすら読める魔法のコーヒーと思いながらサイフォンを沸かしている。

昼食 炒飯(わたし)、ドライカレー(夫)、ピザとふりかけご飯(こども)
夕食 炒飯、素麺、アボカドサラダ
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。