ヨーカン長屋の日記

日暮れにたどる小野家の食卓

月別アーカイブ: 4月 2012

燃える瞳

ロンドンは丸2週間雨が続いている。

お好み焼きお休みの日曜日。マックスとルーカスと一緒に初めてのボーリングに行く。こどもチームはゲームの前半は滑り台みたいな玉転がし台を使って投球していたが、後半から新太以外のお兄ちゃん達は自分で投げるようになった。大人も隣で自分たちのゲームに忙しかったから放っておいた。重い玉を運んでレーンに入れる姿はバグズ・ライフのようだった。

ボーリングの後、横のゲームセンターで1回ずつエアホッケーをさせてあげた。鼓介の隣に立って至近距離でプレーを眺めていたらもの凄い眼球の速さで円盤を追っている。勝ち負けに熱くなる性質ではあるが実際こんなに芯から燃えているのだ。場違いな発見で得した日だった。

昼食 ニラ雑炊

夕食 チキン入りクスクス、フェンネルサラダ、ローストポテトとアスパラガス

アンディ・アンド・ザ・パイレーツ

来月学校の「クイズナイト」に出場することになった。

「クイズナイト」はパブでもよく看板を見る。イギリス定番の社交娯楽のようだ。保護者6人が1チームになってエントリーする。戦力外だとは思うが誘われて断るのもつまらないので行ってみることにした。申し込みに行ったわたしがチーム名をつけた。『アンディ・アンド・ザ・パイレーツ』にした。マックス&ルビーのお父さんのアンディがジョニー・デップに似ていることに由来する。アンディはイギリス生まれ。ミャンマーの血を引いていて褐色に黒髪、黒い瞳。ハンサムだが飄々とした面白い人である。異国の文化が好きで優しい。ロンドンにいていいのはこういう人に出会えることだ。サバサバした嫁のダイアナとともにずっとお世話になっている。

そのアンディ一家がうちにラーメンを食べに来た。夫が手羽先から丸一日煮込んだ醤油スープ。おいしかった。半熟煮卵付き。臭いから好きかどうか聞いてから入れたらと夫に言ったメンマはアンディもダイアナも大好きだった。繁殖が旺盛な竹は建築素材にはもちろんのこと、メンマが地球の非常食材にもなるそうだ。飲みながらわたしの『LIfe in UK』のテキストでクイズナイトの練習をした。政治問題はダイアナもわたしと似たようなものだった。

昼食 ローストビーフとスティルトンブルーチーズのサンドイッチ、ほうれん草の塩ソテー、コンソメスープ

夕食 醤油ラーメン、ニラ豚炒め、サラダ柚胡椒ドレッシング、冷や奴

世界の終わりランド

もうすぐ永住権を申請する我が家。テスト『Life in UK』に向けて勉強を始める。社会の常識テストみたいなものだ。カフェに行くいい口実だ。英国の歴史、行政制度や移民政策など。百年前の日本から留学している気分。世界史が楽しい。歴史から得るもの。百年後の世界に戻るとき役立つのは何だろう。

昨夜は第2回ブックグループ。課題図書『ザ・コレクター』。1960年代の女学生を地下に監禁した男の話。誰かが若い頃夢中で読んだ本だと言って指定したのだ。気色悪い、憐れ、苛つくなどの意見。話はよくできていて面白い。同じ地下の話でもアリスだったらファンタジーなんだけど。次回はいよいよハルキ・ムラカミ。SFファンタジー『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』。村上春樹には英語訳と米語訳があるらしい。

昼食 スティルトンチーズと無花果チャツネのサンドイッチ

夕食 親子丼、ほうれん草ともやしの味噌汁

ガーデニング・ハイ

4月はにわか雨。

植物には恵みの雨だよねと言っていたのは数日前までで今我慢できないくらいの降り。それでも庭いじりができる絶好のフリーデーだったのでカッパでガーデンセンターへ行く。晴れる日を待てずに室内で大々的に植木鉢の植え替え、植え付けを行う。だんだん家の中が庭のよう。タモリが野良猫を手なずけるにはこうしなさいとテレビで説明していた通りの床になっていく。収集がつかないお迎え直前。ああ洗濯干さなきゃ。夕飯の支度も。アダルトラーニングセンターの申し込み。鼓介の自転車パンク修理。服にあたった雨がガーデニング・ハイで温まる。学生服のにおいに包まれる。濡れた服のにおいは同じだ。朝の都バスのようだ。

昼食 日新カップラーメン

アルミ自転車

eBayで鼓介の自転車を買った。

eBayといってもキッズ用品のマスターピース、Phil&Tedsの二段バギー、StokkeのTrippTrapp、micro-miniスクーターなどはいつも定価近くまで上がる。そこまで出すなら新品を買うほうが良いと思うが、20ポンド差でも安いは安いとイギリスの人は思うのか。家と同じで、手入れをしていれば価値が下がらないのか。と諦め半分で高値安定のIslabikeを半年くらい見張っていた。

大人気の軽量自転車Islabike。こどもの自転車選びのポイントはまず重さだ。住宅に駐輪場というものがなく毎回室内から出し、仕舞うからサイズが大きくなるほど軽さがありがたい。

このIslabikeが5mile以内から出品されたの見つけたときは久しぶりに興奮した。春の連休中だったせいだろう。価格が動かず、ついに落札してしまった。出品者はStreathamの人であった。三人で電車で引き取りに行った。軽い。20インチなのに12インチのファーストバイクより軽い。

さて新太も数週前、4歳の誕生日の前日に補助輪が外れた。公園で、どうしても乗りたくて鼓介の友達の自転車にこっそり股がったら一発スイスイだった。水泳の時と同じだ。下の子の観察学習能力には目が洗われる。イメージするって大事だな。というわけで連日自転車で出動する小野兄弟。サッカーシューズの土やら自転車の泥やら玄関から食堂までジャリジャリの春休み終盤。

昼食 玄米ご飯、キャベツとピーマンのビネガー炒め

夕食 焼きおにぎり、ローストベジタブル(こども)蟹サラダ、海老キムチ、玄米ご飯、ほうれん草の味噌汁(おとな)

恐竜帝国からKタウン

連休最終日の月曜。

午前中、鼓介が友達の家に呼ばれたので新太と3人でNatural History Museumに行く。ミュージアムは無料だから観光シーズン、祭日、雨天となればレゴランドより混んでいる。目当ての恐竜見たさに並ぶ新太は間断なくおやつを欲しがる鼓介とは違って静かだ。恐竜エリアをゆっくり回っているとついまたタイムトリップ願望で身が焼ける。1851年のロンドン万博でも実物大の恐竜の石像をハイドパークに展示して話題となったそうだ。ビクトリア朝の薄暗い館内。栄光の恐竜讃歌。

デリで昼食を食べ、鼓介を迎えに行ってからロンドン郊外の有名なコリアンタウン、New Maldenに食材の買い出し。初めて来たが安価なお米の種類が多いのと、薄切り肉、外食の安さが良い。米、納豆、うどん、薄切り肉、キムチ、餅、七味唐辛子、豆腐、コアラのマーチなど購入。

昼食 ローストビーフのサンドイッチ、カリフラワーとスティルトンチーズのスープセット、ジャガイモとレンズ豆のサラダ(夫、わたし、新太)Natural History Museumのデリにて。

夕食 海鮮チヂミ(新太)、キムチチゲ(わたし)、トッポギライス、うどん(夫、鼓介)商店街で夕方一番早く店を開けた韓国レストランで。

春のおきゃくさま

前夜からさっちゃんが泊まっている。午後夫の友人一家が遊びに来るのでEast Dulwichの魚屋に行く。欲しかったアサリもイワシも売り切れ。代りにと思ったマテ貝は、前に並んでいたおばさんが買うのを見たら高すぎた。悩んだ最後になんだか色々買ってしまった。夕飯直前にさっちゃんが電車の指定予約があるから帰らなければいけないとなりお弁当を持って行ってもらった。入れ替わりに近所の友達がきれいな青緑のオリーブとアーティチョークをお土産に参入。「オリーブのサファイヤ、いやエメラルド」と喋りながらまたみんなで延々と食べた。

昼食 赤ピーマンピューレの野菜リゾッット

夕食 まぐろアボカド丼、ムール貝とキャベツのワイン蒸し、鶏セージ焼き、アスパラとトマトのグリル、にんじんサラダ、蟹サラダ、海苔の味噌汁

原色レジャーランド

ウィンザーのLEGOランドに行ってきた。乗り放題券大人40ポンドこども30ポンドとディズニー級。パックツアーだとほぼ同額で2日券とホテルつき。春休みスペシャルで双子ちゃんと一泊二日してきた。

初日のハイライトはスターウォーズの館。好きなシーン(ハン・ソロと出会う酒場)を見つけたときは興奮した。園内の乗り物は移動式遊園地と大差なし。寒くてピクニックで食べる駆け足のお弁当は辛かった。Q-BOT(ファストパス。15ポンド)で回ってもぐったりと疲れた。

 

退園後、夕飯を食べにウィンザーの街まで出た。8時過ぎに疲れ切ってホテルPark Inn到着。意外にもピカッと清潔で元気が出る。双子ちゃんとは隣の部屋だったのだが、収納だと思って何の気なく開けた扉で部屋同士が繋がっていて、全員大笑いのサプライズ。翌朝のビュッフェはアジアのご飯が充実していて夫は白飯、キムチ、トムヤムクンでまず一膳、イングリッシュブレックファストでおかわりをしていた。チェックアウトが12時だったので朝食後ホテルのプールで泳ぎ、ジャグジーで温まってホテルを出た時には完全リフレッシュ、旅人の宿並みに回復した。

2日目はレゴのミニチュアワールドをじっくり観た。ロンドンの煉瓦の街並をレゴで再現するとなぜかとてもリアル。人間はフィギュアは使わず、黄色の四角いピースを顔にして作っていて、ウェールズコーナーではラグビー場でスクラムを組む人、スコットランドではエジンバラ城の城壁でタータンキルトに縞ソックスでバグパイプを吹く人などポーズも服装も楽しい。UK以外もフランスならツール・ド・フランスの自転車が田舎町を走るシーンなど名場面ばかり。

 

お土産レゴを買い、近くのファームショップに寄って車で1時間の帰り道。Park Innを振り返っては良かった良かったと言い合った。Premier Inn やHoliday Innも急に泊まってみたくなった。

新太4歳

小野家のルーキー、新太のバースデーウィーク。

幼稚園の友達と先週ピクニックパーティをした。陽気にあげられて急にやる気になってしまった。前日に呼ばれた子のプレゼント達がクリスマスのラッピングペーパーや事務用封筒に包まれてきて面白かった。イギリスでは包装は家庭で行う。新緑、寿司、レモネード、しゃぼん玉。気温20℃を超えたら青空でものり巻きの断面の鮭やキュウリでも、何でも色が濃くくっきりとして季節のエナジーフルチャージ。鼓介の時と全く同じ小麦粉、バター各300gの限界レモンケーキでお祝い。

4月3日誕生日当日はKew Gardenで東日本震災祈念セレモニーに参加。被災地のこどもが持ってきたケヤキを植樹。30mにも育つそうだ。合唱団による『翼をください』。指揮の人がみなさんもご一緒にと言ったけれど大きな声で歌っていたのは自分ひとりだったように思う。新太も鼓介も泣きながら歌うわたしに驚いていた。日本庭園は桜が満開。家の周りでも今年は桜の花がたくさん視界に入る。匂いもする。

帰宅後夫を待ってファミリーパーティ。ケーキの後でわたしたちからスクーターを贈呈。「これ、あらたに!?」と弾むリアクションの数々で楽しませてもらった今年の誕生日週間の千秋楽。

     

昼食 ハンバーガー弁当

夕食 じゃがいもポタージュにハムとブロッコリー丸一株を荒くつぶして混ぜたラザニア いちごのショートケーキ