ヨーカン長屋から

日暮れにたどる小野家の食卓

児童文学と粋な劇団

ハーフタームホリデー後半。

劇場に『Tiddler』を観に行った。

原作の絵本作家ジュリア・ドナルドソンは今期のChildren’s Laureates受賞者だ。Children’s Laureatesは児童書の作者やイラストレーターに贈られる本屋大賞のようなもの。小学校には教科書というものがないが、教材に使われる作家をフォローすると面白い。常に何かが劇場で上映されているし、町の書店や地域の催しに作家本人が話をしに来たりもするので児童文学大使とも言える。

『Tiddler』はうちから電車で1時間ほどのロンドン北部FinchleyにあるArts Depotという劇場で観た。海のお話。シンプルな舞台におしゃれな男女3人組。ライティングや音楽、小道具のしかけがたくさん。凝った創作なのにモダンに見えて素晴らしかった。この粋な劇団はScamp theatreというそうだ。好きなお話の世界に行きたい願望は少女期のわたしの夢だが、良い演劇ほどに浸れる幸せってそうはないと思う。最近自分がイギリスの小学生そのものになりつつある。

昼食 力うどん(鼓介)チキンカツ定食(わたし、新太)餃子(みんなで)Finchley Central駅近くの和食屋『だるまや』にて。定食のボリュームが今ひとつ。

夕食 ジャケットポテト、酢豚、トウモロコシと豆のサラダ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。