ヨーカン長屋から

日暮れにたどる小野家の食卓

日本語教師

9月から通っていた日本語教師の資格を取るコースが終了した。

短期集中でハードだったが教育実習は本当に楽しかった。生徒は日本に憧れている人、家族が日本人と結婚した人など。みんな熱心で、日本語云々より日本がこんなに愛されていて嬉しい、日本人で良かったとしみじみ思った。他の受講生の実習を観ながら日本語の響きが改めて好きになった。丸い音が多くて一音一拍なので、イクラのよう。すらすらすらと聞こえるのは淡々として小川のよう。

英語は簡潔に話すときに本当に便利だ。こどもを叱るとき、英語だと頭の中が箇条書きのような状態になる。叱り終えるとスッキリする。それが日本語で叱ると頭の中が文章なので先に文末、章末を考えておかないと自分でも話を見失う。だから叱った後はこどもに「はい」と言ってもらって、ちゃんと終わらせたいと思う。言葉の違いは面白い。

最終日の今日は卒業証書をもらい、鼓介を友達の家に迎えに行って家に帰って来た。二階でコートを脱いでバタバタと台所に入り、まな板に手を伸ばすと目の前に細長い紙が貼ってある。「well done, you’ve finished your course」と鼓介の字。夫に「これ、結婚したくなるよね」と自慢。「俺とは離婚か〜」今日はこども達の学校が泥棒に入られて休校だったので、夫はわたしをコースに行かせるために新太を連れて出勤してくれた。無事に終わってよかった。

夕食:洋風うどん

広告

日本語教師」への4件のフィードバック

  1. いくどん 2012年12月17日 1:31 pm

    うん、結婚したくなる。
    小さな恋人。いいなぁ、ムスッコ。
    紙のメッセージも協力も、母・嫁の人柄がそうさせるのだろうな。
    素晴らしき家族。

    • kazuebi 2012年12月18日 2:22 pm

      いや本当は母、嫁どっちもズルズルでやばい。あと15分早く起きてあげたい、呼ばれたらすぐ立ち上がって笑顔を見せてあげたいといつも思うばかり。オバ化を制して愛され続けねば!

  2. Minaco Kimura 2012年12月18日 4:32 am

    おめでとう!この世知辛い世の中、小野家のエピソードに心温まったよ。ありがとね!
    あと、さっちゃんに色々babyのこと質問されてると思うけど(私も!)宜しくお願いしまーす。

    • kazuebi 2012年12月18日 2:32 pm

      選挙おつかれさま!!庶民が支える国にっぽん踏ん張っていきましょう。わたしも下町目線の地球外交官としてjapan loveな世界の人とつながっていくよ。さっちゃんにも連絡してみまーす、おまかせを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。