ヨーカン長屋から

日暮れにたどる小野家の食卓

たのしかっ田

学校が長期休みの間だけ鼓介に日本語で日記をつけてもらっている。我が家唯一の日本語学習。1冊終わったらラーメンを食べに行く。

去年の春休みから3冊目。伸びたなーと思う部分が英語(読み・作文・スペリング)の習得とシンクロしている。芯の部分をで吸収できたら逆からも出せるものなのだなと。

そして漢字。日本ファンの外国人の感覚に近いせいかハーフ日本人の子が漢字好きという例はけっこう聞く。うちは漢字練習をしないから七曜日の字が丸一年で何となく完全になったくらいのスローペースであるが、漢字を書きたくて日記が長くなるならありがたい。

漢字の覚え方は独特で月・火・水はムーン、ファイヤー、ウォーター。口、日、田はウィンドウ。鼓介はこの「田」を書く機会を待ち続けていたが、いつまでたっても日記に登場しない。とうとう先日「・・・すごいたのしかっ田。」と書いた。漢字仮名混じり文にはこだわりたいのでそれは訂正した。その後の会話。鼓「田はいつ使うの」母「ふだんはほとんど使わないけど人の名前には多い。えーと(サッカー名鑑に手を伸ばして)誰がいたっけなあ」鼓「(すかさず)ホンダの田!?」母「そうそう」鼓「(感激して)ヨシダも田!?」

日本に行ったら五反田、高田馬場、田端・・・と指差して叫んでくれるだろう。いつか光る田んぼも見せてあげたい。

夕食:納豆ご飯、ひじきとレンコンの煮付け、黒豆、芽キャベツの味噌汁

広告

たのしかっ田」への2件のフィードバック

  1. さわやか 2013年1月10日 3:37 am

    わー鼓介、町田のおばさんちに遊びにおいでー。こないだ、「田」の字ばかりで構成されてるって思ったばかりだよ。

    • kazuebi 2013年1月19日 11:04 pm

      そうだ町田だね。今日は鼓介が女という字を書いていて、お母さんの字と同じシェイプの字と認識していることに驚いた。なるほど母も女なり。
      最近たまーに自主的に洗濯をたたんでくれることがあって先日ふっと見たら洗濯干し3つ分きれいに片付いててさー、だけどブラジャーだけがぶらーんと残ってんの。たたみ方がわからないかららしい。その様子には母という字の起原を思わせるものがあったよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。