ヨーカン長屋の日記

日暮れにたどる小野家の食卓

月別アーカイブ: 5月 2014

Tube Walk

テムズ河南岸、Rotherhithe駅から地下鉄の線路を歩くイベントに参加。鉄道技術者のブルネル親子、コーンウォールの炭坑夫達、工事の犠牲になった人など産業革命期の亡霊に出会う楽しいツアー。線路を歩くわくわくと、19世紀の時代が前進するそわそわした感じは似ていたと思う。トンネルの上の川は、昔も今もずっしり重い。開通後はときどき電車を止めて、上流階級の人が中でパーティーをしたり博覧会の会場に使ったりしたそうだ。
photo (79)
photo (80)
photo (81)
Jones_Banquet-in-Thames-Tunnel-held-on-10th-November-1827

広告

さわやかなサマー

毎年、急すぎるロンドン夏の到来。先週半ばまでセーター着てたんだけど、やったあ、サマーです。

ケント大学の仕事が終わって、しばらく週1回の夜の日本語コースだけになった。

昼間美術館行ったり夜コンサート行ったりドラマ見たりで心に栄養がジャブジャブ回って、さらに、TOPSHOPとTKMaxだけど夏物新調で久しぶりに着るもんがないストレスから解放されたところにぴったり合わせて夏がきて、果てそうに幸せ。欲しいものはまだあるけどこれで私の一週間には十分なはず、と自分に強くいい聞かせてネットショップの窓は閉じる、閉じる。

ロンドンで劇場上映がはじまった『風立ちぬ』こそが今の気分、で、ひこおきぐもぉ〜と歌いながら洗濯干し。英題『The wind rises』。ジブリのすごさは爽やかさだと思う。清水寺から進撃の巨人まで、量の多い少ないはあっても日本のものって独特の清涼感が心に残る。風土から育つものかもしれないし、単純に私が爽やかな気分なのかもしれない。

週末ウィンザーグレートパークへ行った。ヒースロー空港の近くだから低く飛ぶ飛行機がとても大きかった。ジブリの主人公みたいな日本人になりたい。

photo (37)

photo (38)
夕食:スモークサーモンときゅうりの海苔巻き、えびとアボカドのサラダ、緑茶