ヨーカン長屋から

日暮れにたどる小野家の食卓

Tube Walk

テムズ河南岸、Rotherhithe駅から地下鉄の線路を歩くイベントに参加。鉄道技術者のブルネル親子、コーンウォールの炭坑夫達、工事の犠牲になった人など産業革命期の亡霊に出会う楽しいツアー。線路を歩くわくわくと、19世紀の時代が前進するそわそわした感じは似ていたと思う。トンネルの上の川は、昔も今もずっしり重い。開通後はときどき電車を止めて、上流階級の人が中でパーティーをしたり博覧会の会場に使ったりしたそうだ。
photo (79)
photo (80)
photo (81)
Jones_Banquet-in-Thames-Tunnel-held-on-10th-November-1827

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。