ヨーカン長屋から

日暮れにたどる小野家の食卓

スーツケース全開

里帰りのスーツケース詰め込み真っ最中。

初めての和歌山県に秋田県(予定)、初めて会う赤ちゃん達。楽しみ。

きのうたまたま鼓介トトロのDVDをちょっと見てみたら、さつきとメイの家は仙台の夫の家に似ていて更に楽しみに。

さて、イギリスの小学校は通信簿は年に一回、この学年末の夏休み前に来る。教科書の代りにプリントを切り貼りして隙間に字や計算式を書く受験生のノートみたいなものを一人ひとり作って授業で使っている。それがまたこの時期一気に渡されて「一年間こんなことしてたんだー」とわかる。

おもしろかったのがPSHEのノート。

Personal, Social and Health Education、自己確立と社会道徳と保健体育が一緒になった教科。今年は「怒り」「信頼」「友情」などを教わったようだ。一年間の鼓介の発言を振り返って、このことだったんだ〜という裏発見がいっぱい。昨日もちょうど友達とサッカーでケンカして怒って泣く鼓介を目撃した。まず無視する。次に怒りの対象から離れる。そして10数える。と教科書通りの行動。わかりやすすぎる。

「信頼」のページでは、「信頼できる人3人と理由を書きましょう」にお母さんめでたく第一位。理由「She cooks foods」。二位は親友のキャス。秘密を話してくれたから。確かにこの時期キャスのおじいちゃんが病気、っていう秘密と鼓介が膀胱炎になり尿検査したっていう秘密を交換していた。三位はお父さん。秘密を守るから。「友情」ではケーススタディ。「サッカーでトムがジャックにタックルして大げんか。どうする!?」鼓介の解決策は「同じチームになる」。男子って合理的。

自己確立の勉強もユニーク。先生「ステレオタイプだと思う例を書きなさい」鼓介「日本人はクリケットが下手だ」。彼の性格、頭の中がよくわかる。通信簿より役立つこの1冊。

こんな成長を遂げている長男を先頭に夏休み出発。みなさま、後ほど!

朝食 コーヒー、クロワッサン、プチトマト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。