ヨーカン長屋の日記

日暮れにたどる小野家の食卓

岩でぼん

春休みにDevonでグランピングをした。

モンゴルの遊牧民でおなじみの筒型テントで3泊。
気温は10度くらいだったのでちょっと心配したけど
テントの中に薪のストーブがあったし、テントの外でも焚き火。
火の暖かさは気持ちいい。

『真田丸』で堀田作兵衛の山に隣村の集団が来て喧嘩するのを見た。
冬の寒さを凌ぐには山の木がいくらでも必要だ。

夫はここでの薪割りが骨折から復活して初の本格的な運動に。
季節外れでキャンプ場はほぼ貸し切り。

南デボンはほとんどが牧草地帯だ。
テキスタイルデザインのように繰り返す緑の丘と羊の白。
春は仔羊がいっぱいで、早起きは三文の得じゃないけど
まだ寒いのに外に出ていいもん見たふくふく感。

デボンの地形、地質は何か不思議なところがある。
ダートムーアという高原に石と岩が点在していた。
草原と岩の組み合わせが異様で
何千年のいにしえエネルギーみたいなものを感じる。
ひときわ巨大な岩の頂上に登って夫に写真を撮ってもらった。
ものすごい強風で足はブルッブル。

夜ごはんは毎日バーベキューをした。

1日目夕飯 牛肉ステーキ、じゃがいもホイル焼き、地元産の濃厚バター、フェンネルサラダ
2日目夕飯 ソーセージ、じゃがいもとアスパラのホイル焼き、野菜スープ
3日目夕飯 鶏肉の味噌焼き、鶏肉と余り野菜のバター焼き

FullSizeRender (2)

IMG_1610

IMG_1651

IMG_1652

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。